沿革

昭和 30年 9月   商号『帝石テルナイト工業株式会社』として創立
資本金 1,000万円
本社を東京都新宿区に、工場を山形県酒田市に置く
昭和 33年 12月   本社を東京都千代田区に移転
昭和 34年 10月   技術研究所を東京都世田谷区に開設
昭和 38年 6月   資本金 3,000万円に増資
昭和 40年 4月   大館出張所を開設
昭和 41年 2月
3月
5月
  資本金 7,000万円に増資
本社を東京都渋谷区に移転
札幌出張所を開設
昭和 42年 1月   山形県酒田市に高砂分工場新設
昭和 46年 10月


11月
  帝国石油株式会社、石油資源開発株式会社の関連部門を統合し、
商号を『株式会社テルナイト』と改称。
資本金 9,800万円に増資
長岡事業所を開設
昭和 49年 1月   バライトのバルク供給システム完成
昭和 50年 6月   シンガポール共和国に現地法人設立
ベンガル湾石油開発プロジェクトに進出
昭和 51年 11月   技術研究所を山形県酒田市に移転
昭和 52年 7月
12月
  サハリン沖石油開発プロジェクトに進出
大館出張所を廃止
昭和 54年 3月   米国NLバロイド社と業務提携
昭和 55年 11月   中国渤海湾石油開発プロジェクトに進出
昭和 59年 11月   技術研究所、工場事務所、第二工場、その他関連の新増設工事完成
昭和 60年 9月   米国NLTC社の日本総代理店となる
昭和 63年 9月   大阪出張所を開設
平成 元年 4月   エクソン化学(株)と販売代理店契約を締結
平成 2年 11月   仙台出張所を開設
平成 3年 5月   山形県計量証明事業所登録
平成 4年 9月   大阪・仙台・札幌出張所をそれぞれ営業所に改称
長岡営業所および酒田営業所を開設
平成 5年 4月   長岡事業所新社屋完成
平成 6年 9月   高砂分工場倉庫・事務所新築工事完成
平成 8年 9月   環境テクノサービス(株)設立
平成 10年 10月


12月
  札幌営業所を廃止
埼玉県吉川市に東京技術センターを開設。営業技術部を本社より、技術研究所土木・環境部門を酒田より同所へ移転
埼玉県計量証明事業所登録
平成 11年 4月   酒田営業所と仙台営業所を統合し、酒田市に北日本営業所を開設
大阪営業所を西日本営業所に、長岡営業所を北陸営業所に改称
平成 12年 4月


7月
  長岡事業所を酒田へ移転し、泥水技術センターに改称
柏崎市に泥水技術センター新潟出張所を開設
北陸営業所を柏崎へ移転
九州営業所を開設
平成 16年 3月   シンガポール共和国現地法人閉鎖
一般建設業(土木工事業)認可取得
平成 18年 7月   農業資材部を新設
那覇市に環境部沖縄出張所を開設
酒田市に農業資材部酒田出張所を開設
平成 19年 4月   営業技術部と環境部を統合し、土木環境部を新設
北日本営業所・北陸営業所・九州営業所を廃止
平成 20年 10月   本社を東京都千代田区神田神保町に移転